ロゴ

個人タクシーの人気の理由!ライフワークバランスの取れた仕事

タクシー

タクシー業界で働きノウハウを学ぶ

個人タクシーを開業するには65歳までに行政から許可を受けなければなりません。許可を受けるには二種免許はもちろんのこと、十分な開業資金や業界での経験年数が必要になります。経験年数は年齢によって異なりますが、たとえば40歳以上なら旅客自動車を運転する仕事で10年以上の経験があり、タクシー運転手を3年以内に2年以上続けていることとされています。個人タクシー事業者として成功するためには、資格だけでなく道路状況に関する知識や接客マナーなど、さまざまなノウハウを身につける必要があります。これらは法人タクシーの運転手として勤務していれば、自ずと覚えられるでしょう。まずはタクシー業界で働き、独立への準備を進めることが大切です。

運転手

自分のペースで仕事が出来るという魅力

個人タクシーの魅力として、仕事を自分のペースで進められることが挙げられます。法人タクシーの運転手であれば勤務シフトがあり、深夜や休日でも出勤しなければならない場合があって、時間を自由に使うことができません。また勤務時間数にも上限がありますが、個人タクシーなら働きたいとき好きなだけ働けます。法人タクシーと違って歩合給ではなく、ガソリン代やメンテナンス費用を除く売上金額はすべて自分の収入になるため、がっつり稼ぐことができる一方で、プライベートを重視して仕事をセーブすることも可能です。ワークライフバランスを取りやすいので、どんな年齢層の方にも向いていて長く続けられることが、個人タクシー運転手のメリットと言えるでしょう。